2017年度の大会は札幌です。
会期は6月24日(土)〜25日(日)。
くわしくはこちら

2013年05月09日

第24回(富山)大会プログラム

2013年5月25日(土)特別講演

無料、申込不要(懇親会は有料、要申込)

12:30 - [受付]
 
特別講演「日本海・ヒト・クジラ」
13:30 – 16:30 ■特別講演1 「アメリカ捕鯨船に救助された北前船長者丸と次郎吉」
    布村克志(富山市科学博物館)
 座長:平口哲夫(金沢医科大)
14:20 – 14:25  [休憩]
14:25 – 15:15  ■特別講演2 「富山湾の海にすむほ乳類」
    南部久男(富山市科学博物館),関  東雄(氷見市)
 座長:山田 格(国立科学博物館)
15:15 – 15:20  [休憩]
15:20 – 16:10  ■特別講演3 「沿岸住民とのかかわりからみた新潟・佐渡のクジラたち」
    本間義治(新潟大学名誉教授)
 座長:山田 格(国立科学博物館)
16:10 – 16:30  総合討論  座長:山田 格(国立科学博物館)
 
日本セトロジー研究会総会
16:30 – 17:30  総会(会員のみ)
 
懇親会
18:00 – 20:00  懇親会(会場:富山第一ホテル内レストラン「コメドール」)

2013年5月26日(日) 研究会

有料、要申込(当日会場でも受け付けます)

8:30 – 9:00  [受付]
 
口頭発表(第1部) 9:00 – 11:10
座長 O1−O3 松石 隆(北海道大学)
9:00 – 9:20  ■O1 漂着専門委員会報告;日本沿岸のストランディングレコード2012
   石川 創(下関海洋科学アカデミー鯨類研究室),田島木綿子・山田 格(国立科学博物館),小原王明 (ウインズオフィスコーディネート)
9:20 – 9:40  ■O2 日本沿岸に漂着した鯨類の病理学的調査報告:2011-2012
   田島木綿子・山田 格(国立科学博物館)
9:40 – 10:00  ■O3 秋田県三種町の海岸からヒゲクジラ2件の記録
   大石雅之(岩手県立博物館),梅津一史(秋田県立博物館)
10:00 – 10:10  [休憩]
座長 O4−O6 石川 創(下関海洋科学アカデミー鯨類研究室)
10:10 – 10:30  ■O4 静岡県にストランディングしたスナメリについて
   鈴木夕紀(日本セトロジー研究会),安井謙介(豊橋市自然史博物館),山田 格(国立科学博物館)
10:30 – 10:50  ■O5 スナメリ(Neophocaena phocaenoides)に残留する有機ハロゲン化合物の代謝と脳移行
   落合真理・野見山桂・磯部友彦(愛媛大学),山田 格・田島木綿子・ 真柄真実(国立科学博物館),天野雅男(長崎大学),田辺信介(愛媛大学)
10:50 – 11:10  ■O6 有機ハロゲン化合物による大村湾スナメリ(Neophocaena phocaenoides)の汚染実態
   大久保里紗・磯部友彦(愛媛大学),山田  格・田島木綿子(国立科学博物館),天野雅男(長崎大学),田辺信介(愛媛大学)
 
ポスター発表 11:10 – 12:10
  ■P1 富山湾の海棲哺乳類の記録(2010〜2012年)
   南部久男(富山市科学博物館),関 東雄(氷見市),藤田将人(富山市科学博物館),大田希生(北陸水中映像),田島木綿子・真柄真実・山田 格(国立科学博物館)
  ■P2 新潟県沿岸・沖合における海生哺乳類の漂着・混獲・目撃記録(2012年5月〜2013年2月)
   本間義治(新潟大学),岩尾 一(新潟市水族館),箕輪一博(柏崎博物館),中村幸弘(上越市水族館),青蛛@彰(寺泊水族館),岩下雅彦(佐渡汽船),大原淳一・今村美由紀(新潟県野鳥愛護会)
  ■P3 山口県及び福岡県北九州市周辺海域における鯨類のストランディングに関する報告(2012年1月〜12月)
   原田一孝・立川利幸・石橋敏章(下関市立しものせき水族館)
  ■P4 1992年から2002年における北海道松前町の鯨類漂着記録
   松田純佳,松石 隆(北海道大学),山田 格(国立科学博物館)
  ■P5 北海道沿岸における2012年のストランディングレコード
   松石 隆・松田純佳・黒田実加(北海道大学)
  ■P6 宮崎県日向市平岩海岸にストランディングしたイチョウハクジラ(Mesoplodon ginkgodens)について
   栗田壽男(NPO宮崎くじら研究会)
  ■P7 2012年度渥美半島におけるスナメリの漂着状況とその遺骸の腐敗・分解過程の観察
   丸山啓志(京都大学),山本浩司(ヤマモト生物模型),安井謙介(豊橋市自然史博物館),松岡廣繁(京都大学)
  ■P8 富山湾沿岸に漂着したハナゴンドウの胃内容物
   谷田部明子(東京海洋大学),南部久男(富山市科学博物館),窪寺恒己,山田 格(国立科学博物館)
  ■P9 2011年3月に茨城県鹿嶋市でマスストランディングしたカズハゴンドウ(Peponocephala electra)の有機ハロゲン化合物汚染:全個体の分析結果
   磯部友彦・杉本里菜(愛媛大学),田島木綿子・山田 格(国立科学博物館),天野雅男(長崎大学),田辺信介(愛媛大学)
  ■P10 網走沖のオホーツク海で観察された鯨類と海鳥類
   小山香菜,宇仁義和(東京農業大学),金杉恵子(網走観光協会),前田光彦(前田漁業部)
  ■P11 カマイルカ胸びれの筋と皮膚に分布する神経の脊髄分節
   関谷伸一(新潟県立看護大学),田島木綿子・山田 格(国立科学博物館)
  ■P12 コマッコウ属(Kogia)頭部のCT・MRI撮影による所見
   栗田壽男(NPO宮崎くじら研究会),森満 保(宮崎大学名誉教授),紫垣誠哉(宮崎大付属病院放射線部)
  ■P13 ミンククジラ,ニタリクジラおよびイワシクジラ胎盤の形態学的および免疫組織化学的研究
   北山知代・佐々木基樹(帯広畜産大学),石川 創(下関海洋科学アカデミー鯨類研究室),茂越敏弘・大隅清治(日本鯨類研究所),福井 豊・北村延夫(帯広畜産大学)
  ■P14 カズハゴンドウにみられた歯の脱落傾向
   栗原 望(国立科学博物館),天野雅男(長崎大学),山田 格(国立科学博物館)
  ■P15 ネズミイルカにおけるクリックス放射過程の音響学的検証
   黒田実加(北海道大学),佐々木基樹・山田一孝(帯広畜産大学),三木信弘(公立はこだて未来大学),松石 隆(北海道大学)
  ■P16 山口県におけるスナメリの地方名の研究
   石川 創(下関海洋科学アカデミー鯨類研究室)
 
12:10 – 13:10  [昼食・休憩]
 
口頭発表(第2部) 13:10 – 16:00
座長 O7−O10 天野雅男(長崎大学)
13:10 – 13:30  ■O7 小豆島周辺海域におけるスナメリの分布
   中村清美(神戸市立須磨海浜水族園),小野塚昌博(牛窓のスナメリを見守る会),亀崎直樹(神戸市立須磨海浜水族園)
13:30 – 13:50  ■O8 富山県の新第三系から新たな鯨類化石の産出〜富山湾を泳いだ鯨たち〜
   長澤一雄(山形中央高等学校),安田俊雄・松瀬 浩・葉室俊和(富山県古生物研究会),富山県古生物研究会
13:50 – 14:10  ■O9 クジラの篩骨について
   一島啓人(福井県立恐竜博物館)
14:10 – 14:30  ■O10 アメリカ自然史博物館のロイ・チャプマン・アンドリュース収集鯨類標本
   宇仁義和(東京農業大学),桜井敬人(太地町歴史資料室),ロバート・ブラウネル(アメリカ国立海洋漁業局)
14:30 – 14:40  [休憩]
座長 O11−O14 宇仁義和(東京農業大学)
14:40 – 15:00  ■O11 近世富山城下町出土の鯨類遺存体
   納屋内高史(富山市教育委員会埋蔵文化財センター)
15:00 – 15:20  ■O12 インドネシア,ラマレラの捕鯨記録(2012〜13)と社会変化
   江上幹幸(沖縄国際大学),小島曠太郎(作家)
15:20 – 15:40  ■O13 Fauna Japonicaのスナメリ
   山田 格(国立科学博物館),Chris Smeenk(Naturalis)
15:40 – 16:00  ■O14  オウギハクジラのハンズ・オン標本の高校生物の授業での利用
   南部久男(富山市科学博物館),江上有紀(富山県立上市高校),末上麻衣(富山県立入善高校)
 
16:00  閉会挨拶

posted by 管理者 at 22:12| 過去の大会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

第24回(富山)大会ポスター


富山大会のポスターができました。

大会の告知に御協力いただける方は、PDFファイルをダウンロードして、
印刷・掲示していただけますようお願いします。

2013cetoken24poster_S.jpg
ポスターPDFファイル(約2MB)


posted by 管理者 at 23:59| 過去の大会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

発表〆切延長のお知らせ


第24回(富山)大会への参加および発表申込をすでにお済ませの皆様には、厚くお礼申し上げます。

現在のところまだ発表の申込が少ない状況にありますので、下記のとおり〆切日を大幅に延長いたします。
発表をご検討中の方は、どうぞ奮ってお申し込みください。

発表申込〆切
当初のお知らせ:平成25年4月8日(月)
   ↓
〆切延長後:  平成25年4月26日(金)

年度初めでお忙しいこととは存じますが、多くの皆様の参加・発表お申込をお待ちしております。
なお、参加の申込〆切は5月7日(火)です。
posted by 管理者 at 22:01| 過去の大会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

第24回(富山)大会開催案内


日本セトロジー研究会第24回(富山)大会会長
南部久男(富山市科学博物館)

日本セトロジー研究会第24回(富山)大会のお知らせ

日本セトロジー研究会第24回(富山)大会を、別紙の通り富山市科学博物館にて開催いたします。富山県での開催は、第2回大会を1991年に魚津市で開催して以来となります。
ここ富山の地は、本州の日本海側の中央部に位置し、能登半島にかこまれた富山湾に面します。富山湾の表層は対馬暖流の影響をうけ、水深1,000mを越す深海には日本海固有冷水塊という冷たい海水があり、表層を回遊するブリから深海のゲンゲなどの冷水系の魚貝類まで生物相は多様です。鯨類はおそらくこのような地形や生物相とも関係して回遊してくるものと思われます。
会場の富山市科学博物館は、富山駅からバスで10分ほどの城南公園の一角にあり、富山県立近代美術館が隣接します。3,000m級の北アルプスの山々が雄大です。
会員の皆様には日頃の研究成果を発表してくださるようお待ちしております。館内には富山湾にも来遊するツチクジラの全身骨格標本が展示してあり、公開講演会は日本海ならではの内容を企画しておりますので、会員をはじめクジラに興味のある多くの皆様のお越しを歓迎いたします。

1.趣旨

富山市科学博物館(富山県富山市)で、日本セトロジー研究会第24回(富山)大会を開催し、特別公開講演会(無料)ならびに研究発表会(要参加費)を行うことにより、セトロジー(鯨類学)の幅広い普及と研究の発展に尽くすものとします。

2.日程

現在、予定されている大会日程は下記のとおりです
■5月25日(土)
12:30 特別講演 受付開始
13:30 特別講演「日本海・ヒト・クジラ」
「アメリカ捕鯨船に救助された北前船長者丸と次郎吉」
「富山湾の海にすむほ乳類」
「沿岸住民とのかかわりからみた新潟・佐渡のクジラたち」
16:30 閉会
16:30 日本セトロジー研究会総会(会員のみ)
18:00 懇親会

■5月26日(日)
8:30 受付開始
9:00 研究会(口頭発表)
11:00 研究会(ポスター発表)
12:00 昼食・休憩
13:00 研究会(口頭発表つづき)
16:00 閉会

特別講演

■テーマ:「日本海・ヒト・クジラ」
四方を海に囲まれた日本列島。江戸時代、越中の北前船が東北沖で遭難し、マッコウクジラを求めて日本近海にやってきていたアメリカの捕鯨船に救助された。北前船が航海していた日本海には江戸時代からクジラが知られ、最近の調査でクジラやイルカたちのことが少しずつ分かってきた。ヒトとクジラの意外な関係、そして身近な海、日本海のクジラ・イルカたちのことを知ってもらいたい。
  1. 「アメリカ捕鯨船に救助された北前船長者丸と次郎吉」
    • 布村克志氏(富山市科学博物館)
  2. 「富山湾の海にすむほ乳類」
    • 南部久男氏(富山市科学博物館)、関東雄氏(氷見市)
  3. 「沿岸住民とのかかわりからみた新潟・佐渡のクジラたち」
    • 本間義治氏(新潟大学名誉教授)
■日時:5月25日(土) 13:30 〜16:30

3.会場

■特別公開講演会・研究会・総会:
富山市科学博物館

〒939-8084 富山市西中野町一丁目 8-31
TEL. 076-491-2123
http://www.tsm.toyama.toyama.jp

大きな地図で見る

■懇親会:
富山第一ホテル1階 ビュッフェレストラン「コメドール」

〒930-0082 富山県富山市桜木町 10-10
TEL. 076-442-4037
http://www.hankyu-hotel.com/hotel/toyamadh

大きな地図で見る

4.エクスカーション

今回は特に計画はありませんが、時間のある方は などを訪ねてみたらいかがでしょう。また、富山市科学博物館の隣に があり、企画展も開催しています。 で一気に北アルプスの高山帯まで行くこともできます。

5.参加費

特別公開講演会 5月25日(土) 13:30〜16:30 無料
懇親会 5月25日(土) 18:00〜 6,000円くらい(学生3,000円くらい)
研究会 5月26日(日) 9:00〜16:00 会員2,000円(学生1,000円)
会員外3,000円(学生1,500円)
参加費は大会当日に会場でお支払いください。
学生参加者(学部生、院生、研究生)は、当日「学生証」の提示をお願いします。

6.参加申込

研究会・懇親会に参加される方は、研究発表の有無にかかわらず、参加申込票をダウンロードの上、必要事項を記入し、EメールまたはFAXでお申し込みください。
■参加申込〆切:
5月7日(火)必着
当日も受け付けますが、なるべく期限までにお申し込みください。
■参加申込票:こちらからダウンロードしてください
■申込先:大会実行委員長 関谷伸一(下記参照)まで

研究発表を希望される方は、こちらの大会発表申込案内もご覧ください

7.宿泊

富山市ホテル旅館事業協同組合公式サイトです。
http://www.toyama-yado.com
上記以外にもありますが、宿泊は各自でご手配ください。

8.弁当の予約

大会2日目の昼食は、近くに牛丼屋とコンビニなどありますが、多くありません。事前にお弁当の予約を受け付けますので、希望される方は参加申込用紙の弁当予約欄に○印をつけて下さい。代金1,050円は、受付にてお支払い下さい。弁当引換券をお渡しします。

9.主催

■主催:日本セトロジー研究会
■問い合わせ:
日本セトロジー研究会第24回(富山)大会実行委員会
実行委員長 関谷伸一(新潟県立看護大学)
〒943-0147 新潟県上越市新南町240 新潟県立看護大学
cetoken24(at)gmail.com (アットマークを(at)で表記しています)
TEL. 025-526-1172(関谷研究室直通)
FAX 025-526-2815(新潟県立看護大学事務室に着信しますので、「関谷伸一宛」を明記してください。)
posted by 管理者 at 22:18| 過去の大会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第24回(富山)大会発表申込案内


日本セトロジー研究会第24回(富山)大会会長
南部久男(富山市科学博物館)

「大会開催案内」もご覧ください。

10.研究発表の申込

研究発表(口頭発表またはポスター発表)を希望される方は、発表申込票をダウンロードの上、必要事項を記入し、EメールまたはFAXでお申し込みください。
(1) 口頭発表
原則として会員の方のみが発表できます。ただし、会員との連名または実行委員会の依頼(招待講演)による場合は、非会員でも発表可能です。
(2) ポスター発表
大会参加者は、ポスター発表の資格があります。ただし、発表の可否については実行委員会の判断におまかせください。
発表申込題数によっては、発表時間の変更や発表形態(口頭・ポスター)の変更をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。
■発表申込〆切:
4月26日(金)必着
■申込先:下記のとおり
■発表申込票:こちらからダウンロードしてください
(セト研会員には郵送でもお送りします。)

11.発表要旨

研究発表者は、発表要旨を作成の上、Eメールでお送りください。
提出原稿はなるべくMicrosoft Word文書で作成してください。体裁は以下のとおりです。「発表要旨見本」をダウンロードし、参考にしてください。
編集の負担を軽くするため、完全原稿での提出にご協力ください。特に英文演題については、信頼できる方による校閲を受けてください。
■体裁
  • 文書全体のレイアウト
    • A4タテ用紙に、横書き1頁を原則と(図表が多い場合のみ2頁可)。
    • 演題、演者名(所属)、英文演題、英文演者名(英文所属)、本文のすべてを合わせて、38文字×40行。
    • 余白は上下左右すべて25mm。
  • 書体
    • 和文演題はMS明朝、14point、Bold体。
    • 和文演者名(所属)はMS明朝、11point。
    • 英文演題はArial Bold、12point。
    • 英文演者名(所属)はArial、11point。
    • 本文はMS明朝(欧文・数字フォントはTimes New Roman)、11point。
  • 演題・演者
    • 原則として以下のとおり。
      • 1行目に和文演題。
      • 1行あけて演者名(所属)。
      • 1行あけて英文演題。
      • 次の行に英文演者名(所属)、その後、本文との間は2行あける。
    • 所属は大学名又は研究所名までとします(例:東京海洋大学、国立科学博物館)。
    • 連名の場合、発表担当者名の左肩に上付きの○印を付ける。
  • 本文
    • 必ずしも目的、方法、結果、考察等の項目に分ける必要はありませんが、読みやすい構成に心がけてください。
    • 句読点はコンマ「,」とピリオド「.」で統一。
    • 写真は原則として不可。
■発表要旨〆切:
4月8日(月)必着
■送付先:下記のとおり
■発表要旨見本:こちらからダウンロードしてください
発表要旨ひな形(MS Word)
発表要旨書式(PDF)

12.申込・発表要旨送付先

日本セトロジー研究会第24回(富山)大会実行委員会
実行委員長 関谷伸一(新潟県立看護大学)
〒943-0147 新潟県上越市新南町240 新潟県立看護大学
cetoken24(at)gmail.com (アットマークを(at)で表記しています)
TEL. 025-526-1172(関谷研究室直通)
FAX 025-526-2815(新潟県立看護大学事務室に着信しますので、「関谷伸一宛」を明記してください。)
メールの場合、件名に「参加申込」、「発表申込」、「発表要旨」のいずれかを、必ず明記してください。メール1件につき1名ずつお申し込みください。

13.研究発表形式

(1) 口頭発表
演題数により変動しますが、原則として研究発表12分、質疑応答3分とします。発表は各自のコンピューターを持ち込んでいただくか、会場に用意した映写用ノートパソコン(Windows)のMicrosoft Power Pointでお願いします。その場合当日、発表ファイルをUSBメモリでお持ちいただき、映写用ノートパソコンにコピーして下さい。
なお、いずれの場合も正常に動作することを予めご確認ください。
(2) ポスター発表
パネルは、A0(841×1189 mm)サイズです。ポスターサイズはこれに収まるものでしたら、指定はありません。ポスターの上部に、演題、演者名(所属)の和文・英文を明記してください。研究目的、結果、結論の順にそれぞれを簡潔にまとめ、写真や図表には簡単な説明文を添えてください。5月25日(土)12:00までに所定の場所に掲示し、26日(日)15:00以降に撤収してください。


posted by 管理者 at 22:15| 過去の大会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする